ウガンダ野生生物保全事業報告書_2018

公益財団法人横浜市緑の協会

2018年

 

2008年から続く、ウガンダ野生生物教育センター(UWEC)と横浜市、横浜市緑の協会が連携し、ウガンダの野生生物保全活動を支援する、「ウガンダ野生生物保全事業」

 

9年に及ぶ、よこはまの動物園とウガンダ動物園の提携。ウガンダ野生生物環境保全事業(UWCP)。JAICA支援の元、技術や物資の支援、両国のスタッフの交流により、ウガンダ動物園(UWEC)は環境保全に急進的であるとして、世界的に有名な動物園に成長をしたそうです。自然や動物たちに対する思い、そして目的がはっきりとすれば、遠く離れた国の人々とも「なかま」になっていける、そんな素敵な取り組みです。

 

setoでは、各フェーズで使用されたヴィジュアルや、ウガンダ動物園での教育普及に使用されたエジュケーションツール(絵本)を担当しました。そして、最後に選んだモチーフは、ホオジロカンムリヅル。ウガンダの国鳥です。日本そしてウガンダをあらわすカラーリングで構成しました。イベント告知用画像はゾウと折り紙をミックスし、日本とウガンダの関係性をのヴィジュアル化しています。

 

 

 

 

 

| 1/12PAGES | >>