モクズショイブローチをつくろう

鎌人いち場・『くるくる』

2014年6月1日

 

『くるくる』は、地域でものを循環させる取り組み。地域で人がつながり共有しあう、本当の意味で豊かな社会の実現を目指しています。そんな『くるくる』の活動に賛同して、イベント鎌人いち場内『くるくる」のブースで、古着やハギレを使ったワークショップ「モクズショイブローツをつくろう」を開催しました。

 

モクズショイは、その名の通り藻くずを背負ったカニ。体中に生えるかぎ状の毛がマジックテープみたいになっていて、そこに海藻やカイメン、貝殻などを付けてカムフラージュする生き物。

そんなモクズショイのように、ハギレをどんどん重ねて配置して、オリジナルのブローチをつくりました。